iPhone14Plusと13miniの販売不振理由に共通点?あるメディアが改善策を提案しているそうです!(^o^)v

皆さまは、どんなiPhoneなら新しく購入したいですか!?(^▽^)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

9to5Macが、iPhone14Plusと、iPhone12miniおよびiPhone13miniの販売台数が期待値に達しない(達しなかった)のには共通した理由があるとして、それを説明し改善策を提案しています。

販売価格と機能が見合っていないのが販売不振の理由と指摘

9to5Macは最初に、iPhone14Plusが販売不振なのは機能や性能の割に販売価格が高すぎるのがその理由と指摘しています。

また、同モデルとiPhone14ProMaxとの価格差も性能と機能を考えれば小さく、ユーザーに積極的に選ばれる製品になっているとは言い難いと、同メディアは述べています~(^_^;)💦

この状況はiPhone12miniおよびiPhone13miniの販売不振の原因も同じと9to5Macは考えており、両モデルの購入予算にわずかな金額を上乗せするだけで、iPhone12やiPhone13が購入できたと説明しています。

更に9to5Macは、小型のスマートフォンを好むユーザーは存在するが、両モデルはバッテリー駆動時間の短さの割に販売価格が高すぎたとも記しています。

iPhone14はiPhone13に衛星通信機能を追加しただけとの評価

9to5Macは、iPhone14について、A16 Bionic、4,800万画素カメラ、Dynamic Islandも搭載されていない、単にiPhone13に衛星通信機能を追加しただけの製品に過ぎないとの辛辣な評価を下しています~(^_^;)💦

その上でiPhone14PlusとiPhone14Proの価格差は、100ドル(日本では税込15,000円)に過ぎないことから、Appleは位置づけとしてはミッドレンジのスマホをハイエンドスマホと同じ価格で売ろうとしていると、同メディアは伝えています。

ベースモデル1機種、Proモデル2機種のラインナップが理想か

こうした事から、iPhone14Plusは良い製品と評価しながらも、後継モデルでは販売価格を50ドル(日本での税込価格換算で約7,500円)〜100ドル(約15,000円)値下げするか、そもそもiPhoneXSシリーズやiPhone11シリーズの頃のラインナップに戻すべきというのが、9to5Macの提案だそうです!(^o^)/

単純に価格や性能というだけでなく、やはり性能(機能)の価値と価格のバランスがとれた製品が望まれますよね!皆さまはどう思われますか!?(^▽^)o

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:iPhoneMania「iPhone14 Plusと13 miniの販売不振理由に共通点?改善策を提案」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。