なんと!💦iPhone15Pro(仮)で導入が期待されていた高速メモリ「LPDDR5X」が見送りとなるとの予測だそうです!(^o^;)💦

iPhone16(仮)へ先送り…と聞くとiPhone16(仮)まで待った方が良いの?と思ってしまいますよね~💦悩ましい所ですね…(^_^;)💦

得報!!ガラス・液晶・バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

2023年に登場することが期待されている「iPhone15Pro(仮)」で、高速メモリーの「LPDDR5X」が採用されなくなったと、リークアカウントのShrimpAppleProが報じました~💦その導入は2026年の「iPhone16(仮)」に先送りされそうとの事です!(^_^;)💦

iPhone15Pro(仮)に関するこれまでの報道では、USB-C端子の採用やカメラ性能のアップグレード、チタンフレームの採用、物理ボタンの廃止などが噂されていました。

また、搭載プロセッサ「A17 Bionic」には、最先端の製造プロセス「3nm」が採用されるようです!(^_^)o

現行モデルの「iPhone14」では、「LPDDR5」という規格のメモリーが搭載されていますが、ShrimpAppleProによれば、2023年のiPhone15(仮)でも引き続きLPDDR5規格のメモリが採用されるとのことで、iPhone15(仮)の「A17 Bionic」にはTSMCの3nmプロセスこと「N3B」が利用されますが、iPhone16(仮)の「A18 Bionic」はより進化した3nmプロセスで製造されるそうです!(^o^)/

さらに!iPhone15Pro(仮)ではRAM容量が6GBから8GBに増量されることにより、バックグラウンドで動作するアプリのマルチタスク性能の向上が期待できるとのことです!(^▽^)o

一方、iPhone16(仮)がLPDDR5Xを採用することで、バッテリーの駆動時間の延長が実現する可能性があるとされています!(^o^)v

というわけで、残念ながら先送りされそうなiPhone15(仮)でのLPDDR5Xの採用ですが、プロセッサの性能向上やRAM容量の増加によって、十分な性能向上が見込めるというAppleの判断があったのかもしれません!引き続き最新情報をお知らせして参ります!ヽ(^o^)ノ

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典: GetNaviweb「iPhone 15 Pro、高速メモリ「LPDDR5X」の導入を見送りか」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!、また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。