iPhone14Proの品不足も解消!?最大のiPhone工場で新型コロナ対策がほぼ終了したそうです!(^▽^)o

結構過酷な環境の中、iPhoneは作られていたようですね~💦 従業員の皆さん!心よりありがとうございます!(^▽^)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

ここ最近、iPhone14Proモデルが品不足となっていたのは、中国・鄭州市にある世界最大のiPhone工場が新型コロナ禍により操業が制限されていたからだと見られており、そのために、生産台数が予定より600万台も減るかもしれないとの推測もありました。

その鄭州市の工場が「高リスク」分類から外され、新型コロナ対策のほとんどが緩和されたと報じられています!(^o^)v

米Bloombergの報道によれば、この工場を運営する台湾Foxconn(鴻海)は「ポイント・トゥ・ポイント」システムを終わらせたと発表したとの事です。

これは従業員が寮と生産ラインの間のみ移動が許され、工場内でのほかの場所に行くことは一切認められない、というもので、このため、カフェテリアやレジャー施設も利用できず、従業員らの不満は非常に高まっていました。

これまで中国では都市封鎖のもとでも、大規模工場については従業員が24時間365日構内にとどまり、寮と生産ラインの間を行き来するだけの「クローズドループ」方式で生産が認められてきました。

家族の元から離れて、娯楽も限られている従業員にとって過酷な状況が続いていたわけです~💦

そして、鄭州市のiPhone工場では、施設内で新型コロナの感染拡大が起こり、事態は悪化します。

従業員らは集団隔離されたうえに食料や物資も不足し、さらには約束された特別ボーナスも支払われずで、逃亡や抗議活動にも発展~💦 Foxconnが事態を収めるために退職金を支払うと、2万人以上が離職することになり、人手不足が深刻になっていたそうです~(^_^;)💦

その後、鄭州市の大部分は2週間前に閉鎖が解除されていましたが、Foxconnの工場は「高リスク」に指定されていたためにクローズドループ方式が続けられることに~💦 それが、ようやく解除された次第です。

iPhone14Proモデルの生産が、需要に追いつくほどに改善するまでには、まだかなりの時間がかかりそうですが、少なくとも労働条件が劇的に改善されることで、従業員を募集しやすくなり、人手不足は時間とともに解消されていくのかもしれません!(^o^)v

なかなか過酷な環境でiPhoneは作られていたのですね~💦 今後の労働条件の改善とiPhoneの供給がさらに改善される事を心より期待したいですね!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:GetNaviweb「iPhone 14 Proの品不足も解消? 最大のiPhone工場で新型コロナ対策がほぼ終了」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。