iOS15.4.1アップデートがiPhoneのバッテリー駆動時間にどう影響したのでしょう?(・_・?)

iOSのアップデートによりバッテリー駆動時間に影響される事が多々ございます~(+_+;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

先日公開されたiPhoneのアップデート「iOS15.4.1」では、前バージョンのiOS15.4にアップデートしたあと、バッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題を修正するという内容が含まれていました!(^▽^)o

今回、iOS15.4.1アップデートがiPhoneのバッテリー駆動時間にどう影響したのかを、海外YouTubeチャンネル「iAppleBytes」が実機テストで検証している記事をご紹介致します!\(^o^)/

「iAppleBytes」では、初代iPhoneSE、6S、7、8、XR、11、12、13の計8モデルのバッテリー寿命を、ベンチマークアプリ「Geekbench4」で計測しました。

結果は、以前のiOSバージョンを実行している同じ端末のバッテリー寿命と比較されています。

対して、初代iPhoneSE、iPhone XR、iPhone11、iPhone13はいずれも、iOS15.4.1でバッテリー駆動時間がわずかに短くなりました~(^_^;)💦

今回のテストでは、特に「iPhone13」のバッテリー駆動時間は5.5%減少していることが判明しました~(+_+;)💦

とはいえ、それでもこのモデルは今回のテストで最もバッテリー駆動時間が長かった端末であり、アップデート後でも8時間、最も近いiPhone12と比べて90分も長く動作し続けています!(^▽^)o

iOSアップデートでバッテリー駆動時間に変化が生じるのは珍しいことではありませんが、今回珍しかったのは、Appleがアップデートでバッテリーの改善を約束したことでした。

ただし、今回のテストではむしろ駆動時間が短くなったモデルもあることが明らかになりました。

今回のAppleのアップデートがバッテリー関連の何かしらのバグ修正であり、今回のテストではそれが反映されなかった可能性もあります。

尚、テック系メディア「Cult Of Mac」は、「iOS15.4.1」はセキュリティホールの修正を含んでいることを挙げ、この問題に対処するにはiPhoneをアップデートするしかないと指摘しています。

今回に限らずiOSアップデートは様々なセキュリティ問題の解決を含んでいるため、特に理由がなければアップデートした方が良いようです!但し、iOSのアップデート前には、iPhoneデータのバックアップを忘れずに行って頂けたらと思います!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:APPBANK「iPhoneの「バッテリーの減りが早い問題」は本当にiOS 15.4.1アップデートで修正されたのか?」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。