iOS14で長時間・大音量による聴覚のダメージを防止する機能!\(^o^)/

ヘッドフォンの音量が80デシベルを超えると、ユーザーに注意を促してくれるみたいです!(^▽^)o

速報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

iOS13には、ユーザーがどのぐらいヘッドフォンの大音量に晒されていたかを確認できる機能が搭載されています!(^_^)/

この機能がiOS14ではさらに進化し、コントロールセンターからリアルタイムで音量レベルが確認できるようになるそうです!(^▽^)o

「ヘッドフォン難聴」という言葉をご存知ですか?

ヘッドフォンやイヤフォンを使って長時間または大音量で音楽を聴き続けることによって引き起こされてしまう症状で~💦

このヘッドフォン難聴になると、耳鳴りや耳が詰まったような感じ、音が聞き取りにくいといった症状が現れるそうです~(xox;)💦

さらに重症化した場合、ヘッドフォン難聴に対する治療方法はまだ見つかっていないそうなので、皆さんも十分お気を付け下さい!(^o^)

すでに、iOS13にはiPhoneに接続されたヘッドフォンの音量を記録・確認できる機能があり、ヘルスケアアプリで「ヘッドフォン音量」と検索すると、過去のヘッドフォンで再生された音量の記録が閲覧できます。

この記録からユーザーは音量レベルが適正であったかどうかがチェックできるようになっています。

お子さんのiPhoneなどは、どのような環境で利用したか、保護者が後で確認する事ができますよね!(#^.^#)

iOS14では、このヘッドフォンの音量測定がコントロールセンターからも確認可能になり、再生音量をリアルタイムで測定できるように進化するそうです!(*^_^*)

リアルタイムオーディオ音量測定機能ではApple Watchのノイズアプリと同様の表示が採用され、音量が80デシベルを超えると、測定アイコンが緑から黄色に変わり、ユーザーに注意を促してくれるみたいです!(^▽^)o

この機能は、ほとんどのヘッドフォンで作動するそうですが、AirPodsシリーズおよびその他のApple認定済みヘッドセットなら測定がより正確になるとAppleは公表しています!

iPhoneは非常に便利なツールですが、使い方によっては、聴覚や視覚など身体に悪影響を与えてしまう可能性もあるので、こういった機能があると大変便利ですよね!\(^o^)/

iPhoneをラジオや音楽プレーヤーとして利用される方も多いので、知らず知らずの内に大音量で使い過ぎているかもしれませんよ!w(*゚o゚*)w

ぜひ有効活用して、快適にiPhoneをお使い下さいませ!(^▽^)o

出典:9to5Mac

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。