iPhone(アイフォン)が水没したらどうする?(^o^)丿

iPhone(アイフォン)が水没した時にすべき事!してはいけない事!【保存版】\(^o^)/

iPhone(アイフォン)が水没した!ジュースがかかって起動しなくなった!洗濯してしまった!など
1日中持っていると危険がいっぱい!
本体そのものが高価な上、大切なデータがたくさん入っていますよね。
水没した後の応急処置の内容で、iPhone(アイフォン)が直るかどうか、データが残せるかどうかが変わってきます。
万一に備えて知っておいて欲しい内容をご紹介します!

倉敷でiPhone(アイフォン)修理と言えば!QUICKFIX(クイックフィックス)倉敷駅前店 豆知識 水没した時
水没した時にしてはいけない事

水没したら絶対にしてはいけない事

電源を入れてはいけません
電源を入れる事でショートして内部が壊れて二度と復旧しなくなってしまいます!

iPhone(アイフォン)を振ってはいけません
振って水を取り出そうとしてしまいがちです。振る事によって、水の侵入が広がってしまう可能性があります!

ドライヤーで乾かしてはいけません
早く乾かそうと思って、こちらもやってしまいがちな方法ですが、ドライヤーで乾かすことによって、パッキンや溝に溜まっている水を風で内部に侵入させてしまう恐れがあります。
また、熱を持つことで故障の原因となったり、水ではなくジュースや海水などだった場合、水分を飛ばして残ったものが焦げて故障の原因となる場合があります。

充電してはいけません
こちらもショートの原因となるので完全に問題がない事が分かるまで充電してはいけません!

 

水没した時にすべきこと

水没したらすぐにすべき事

①とにかくすぐに電源を切る
水が入っている事でショートして、事態が深刻になります。すぐに電源を切りましょう!

カバーや接続している部品を外す
水分が広がるのを防ぎ、水をふき取りやすくしましょう!

SIM(シム)カード・バッテリーを外す
基板に残った微量な電気でショートしてしまうと大事な情報を失ってしまいます!
急いで取り出しましょう!
※iPhone(アイフォン)にはありませんが、その他のスマホをお使いの場合は、SD(エスディー)カードも同様です。

④本体と③で取り出したものの水分を拭き取る
タオルや綿棒などでやさしく水分を拭き取りましょう!

乾燥させる【要注意】
水分を拭き取っただけでは不十分です。
ジップロックなどの密封できる袋や容器にiPhone(アイフォン)とシリカゲル(乾燥剤)を入れて最低でも1日以上は乾燥させる。
※但し、応急処置です。また、水分が海水やおみそ汁など真水ではない場合は乾燥させると逆に危険なのでさらに水で洗う必要がある場合があります!色々なサイトで紹介されている方法ですが、必ずしも有用ではないので、とにかくすぐに修理にお持ち頂く事をお勧めします!

修理に出す
応急処置として①~⑤をご紹介しましたが、水没は時間との勝負!すぐに当店へお持ちくださる事が一番です!
また、乾燥し、正常に動いても一度水没したiPhone(アイフォン)はいつ不具合を起こすか分からない状態です。
一度当店にお持ち頂き、当店にて内部に問題ないか確認、清掃すると安心してお使い頂けます!

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。