iPhone15Pro(仮)用A17が3nmプロセス移行で先行!?他SoCは遅れるとの報道です!(^_^)o

AppleはTSMCの最大の顧客であることから、価格交渉を有利に進める事ができるそうです!(^▽^)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

iPhone15Proシリーズ(仮)用A17 Bionicは、TSMCの3nmプロセス「N3E」での製造が確実視されているのに対し、Android向けシステム・オン・チップ(SoC)であるMediaTekのDimensityとQualcommのSnapdragonが3nmプロセスで製造される可能性は低いと、DigiTimesが報じました!(^_^)o

Snapdragon 8 Gen 3は3nmプロセスで製造と噂されているが

DigiTimesは、MediaTekのDimensityとQualcommのSnapdragonが3nmプロセスで製造される可能性が低いと考える理由として、同プロセスで製造される半導体が高価な事と、Androidスマホの販売見通しが不透明なことを挙げています~(^_^;)💦

QualcommはSnapdragon 8 Gen 3を3nmプロセスで製造することを計画、委託先としてTSMCとSamsungの2社を検討しているとの情報がありました。

DigiTimesの報道通りであれば、Qualcommは2023年のフラッグシップSoCであるSnapdragon 8 Gen 3を4nmプロセスで製造、2024年にSnapdragon 8+ Gen 3で3nmプロセスへの移行を果たすことが考えられます。

同社は、2021年のフラッグシップSoCであるSnapdragon 8 Gen 1をSamsungの4nmプロセスで製造後、2022年5月に発表したSnapdragon 8+ Gen 1では製造委託先をTSMCに変更していました。

iPhone14シリーズにおいてA16 Bionicが搭載されるのはProシリーズだけとの予想をいち早く発信していたリーカーの手机晶片达人氏は、TSMCの3nmプロセスでSnapdragonの製造が開始されるのは2024年第2四半期(4月~6月)、Dimensityのそれは2024年第3四半期(7月~9月)と述べていました。

価格交渉で他社よりも優位なApple

TSMCの3nmプロセスは製造コストが高く、その影響でiPhone15Proシリーズ(仮)用A17Bionicの卸価格が値上げされる可能性が取り沙汰されています~(^_^;)💦

ただし、AppleはTSMCの最大の顧客であることから、QualcommやMediaTekと比べて価格交渉を有利に進めているとみられています!(^▽^)o

次期新型iPhoneにおいて、本体価格が値上げされずに、最新のプロセッサが搭載される事を期待したいですね!(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:iPhoneMania「iPhone15 Pro用A17が3nmプロセス移行で先行か?他SoCは遅れると報道」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。