2023年の発売が噂される新型iPhone!iPhone15Ultra(仮)は、iPhone14ProMaxより大幅に値上げされるとの噂です~(^_^;)💦

性能アップなどの付加価値で価格の上昇が納得できる内容なら良いのですが…どのようになるか状況を見守りたいですね!(^_^)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

来年(2023年)のフラッグシップiPhoneのうち、最上位モデルは「iPhone15ProMax(仮)」ではなく「iPhone15Ultra(仮)」と呼ばれると噂されていますが、このUltraモデルが、iPhone14ProMaxよりも大幅に値上げされる可能性があると多くの記事で報じられています~(^_^;)💦

リーカーのLeaksApplePro氏によれば、iPhone15Ultra(仮)は(米国価格で)1,199~1,299ドル程度になるかもしれないとのことで、iPhone14ProMaxが1,099ドル~だった為、100~200ドルもの値上げになるというわけです!w(*゚o゚*)w

AppleがiPhone14シリーズの米国価格をiPhone13から値上げしなかったことは、9月の発表イベントでも驚かれていました。

ここ最近は急激なインフレもあり製造コストが上昇しているものの、高価な専用部品を使うiPhone14Proモデルさえ例外ではありませんでした。

2017年にiPhoneXを発売して以来、Appleは上位モデルの価格を上げていません!そのため同社は年を追うごとに利幅を下げている事情があり、ついに値上げに踏み切るかもしれないというわけです~(^_^;)💦

具体的にはiPhone15Ultra(仮)の製造コストは、iPhone14ProMaxより90ドル高くなるとのことで、最近の日経報道では、iPhone14ProMaxの製造コストは501ドルであり、iPhone13ProMaxよりも60ドル高いとされていました。

ただ、iPhone15Ultra(仮)については、最上位モデルにふさわしい付加価値がプラスされるとの噂が相次いでおり、それならば…と、納得できるものだと良いのですが…(^_^)o

まず、iPhone15全モデルがLightning端子からUSB-Cに移行するなか、Proモデル(Ultra含む)はデータを高速転送できるUSB-C 3.2またはThunderbolt 3仕様になるとの事で、また傷が付きにくく高級感のあるチタン素材がUltra専用になる事は、以前LeaksApplePro氏ご本人が述べていたそうです!\(^o^)/

現在、iPhone14ProとiPhone14ProMaxは飛ぶように売れており、供給が需要に追いつかないほどですので、その流れを考えると、新型iPhoneの平均価格を押し上げて利益を増やすためにも、iPhone15Ultra(仮)を差別化しつつ値上げするのは、理に叶っているのかなと思われます!(o^^o)

その一方で、このところ円安ドル高は落ち着いてきた感がありますので、新型iPhoneの国内価格が上がらないように、今から祈りたいところですね!ヽ(^o^)ノ

出典:getNaviweb「2023年の「iPhone 15 Ultra」、iPhone 14 Pro Maxより大幅に値上げかも」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。