いよいよ次回iPhoneSE(第4世代・仮)に大変革が起こるかもしれません!大注目ですね!(^▽^)o

次期iPhoneSE(第4世代・仮)!ホームボタンがなくなりそうです…💦 大きさと生体認証がどのようになるかも、大変興味深いところですね!(^_^)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

iPhoneの廉価モデル「iPhoneSE」シリーズも、2016年に発売された初代からすでに6年目、3世代を重ねています!(^o^)v

その間ずっと「4~5インチ台の小型ディスプレイと太いベゼル、Touch ID内蔵のホームボタン」の伝統を守り続けてきました。

しかし!次の第4世代 iPhoneSE(仮)は、標準サイズのiPhone14等と同じ6.1インチのディスプレイとなり、画面の上部にパンチホール(自撮りカメラなどの視界を確保するための穴)を備えるとの予測があるようです!\(≧∇≦)/

そう主張するのはアナリストのRoss Young氏。Young氏はディスプレイ専門調査会社DSCCの創業CEOであり、未発表製品の“画面”については確かな実績があるそうです!(^o^)/

Young氏が米MacRumorsに語ったところによれば、アップルは2024年に「5.7~6.1インチの液晶画面と前面カメラ用の穴型カットを備えた新型iPhoneSE」を発売する予定との事です!\(^o^)/

つまり!iPhone13やiPhone14標準モデルのような画面の上が凹んだノッチ型ではなく、iPhone14Proモデルのように穴を開けるパンチホール型に近いと推測されます。

各種噂話では「6.1インチ画面とホームボタン廃止」では おおむね一致をしていますが、生体認証がどうなるかは不明のようです。

Prosser氏はiPhoneXRと同じ、すなわちFace ID採用に傾いていましたが、iPad mini(第6世代)のように、電源ボタンにTouch IDを内蔵するとの説もあります。

これまでのAppleの流儀にならえば、iPhoneSEモデルは「なるべく過去モデルの筐体やパーツを流用」する可能性が高いはずで、たとえば初代iPhoneSEはiPhone5s、第2世代と第3世代はiPhone8のデザインとほぼ同じでした。

第4世代iPhoneSEでは、iPhoneXRの部品を最大限に活用して(チップはA16 Bionicなどに載せ替える?)Face IDとなるのか、それとも一部で人気が根強いTouch IDを採用するのか、今後の続報を待ちたいところです!(^o^)v

iPhoneSE(第3世代)発売前にも、iPhoneXRがベースになるかも!?との噂が多数出ていましたが、いよいよ次期iPhoneSE(第4世代・仮)には大変革が起こるのかもしれません!今から大注目ですね!(^▽^)o

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:TECHNOEDGE「第4世代iPhone SEは6.1インチ画面で2024年発売? Dynamic Island対応も」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。