iPhone14Proの2倍ズーム撮影は、通常のデジタルズームとは一味違うそうです!\(^o^)/

誰でも自然に綺麗な写真が撮影できるように設定されているiPhone14Proシリーズは、もっと評価されるべき!との事です!(^o^)v

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

iPhone14Proシリーズのカメラの大きな特徴は4,800万画素のカメラですが、実は中央の1,200万画素こそが隠された実力者であると複数のユーザーが主張しているそうです!\(^o^)/

Appleの2倍ズームは通常のデジタルズームではない?

Appleは、iPhone14Proシリーズでカメラアプリに2倍ズームモードを追加しました!(^o^)v

メインカメラセンサーの中央部分を使い、48ミリ相当の望遠レンズの効果を模倣して切り取るというシンプルなものですが、実は大きな意味がある!と米メディアThe Vergeは述べています。

最近のデジタルズームは、計算機的な技法によりギャップはかなり埋まってきましたが、それでも光学系には及ばないとされています~(^o^;)💦

ですが、Appleの2倍ズームは通常のデジタルズームとは異なると言われています!ヽ(^o^)ノ

Appleのカメラアプリでは、2倍クロップはセンサー中央の1,200万画素すべてを使用するため、4,800万画素のセンサーをフルに使ったときのような画素の間引き処理を行う必要がなく、足りない情報を補うことができるそうです!\(^o^)/

夜景の場合、2倍クロップだと露光時間が長くなってしまうため、1倍レンズが向いているとのことですが、光の状態が良く、比較的近い被写体の場合、2倍クロップとフルにピクセルビニングした画像の色やディテールの差はよほど近くで見ない限りわからないほど小さく、トレードオフはあまりないとのことです。

ポートレートモードはデフォルトで2倍ズームに!

50ミリレンズは人間の目に近い視野を持つというのが写真家の間で定説となっていますが、より自然に近いほうが良いという方向性に沿う形で、Appleカメラのエンジニアはポートレートモードをオンにすると自動で48ミリ(2倍ズーム)になるよう設定しているそうです!(^o^)v

コンセプトデザイナーのイアン・ゼルボ氏(@ianzelbo)も「ほとんどの場合2倍ズームを使っている」と述べており、「iPhone14Proの2倍ズーム撮影はもっと評価されるべき」と投稿しているそうです!(^o^)v

すごくこだわりがあるのですね!色々と考えて設定されているから、iPhone14Proで誰でも綺麗な写真が撮れるようになっているのですね!すごい!!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:iPhone Mania「iPhone14 Proの2倍ズーム撮影はもっと評価されるべき」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。