終了してしまったiPhone miniシリーズ~💦 小型高性能iPhoneがお好みの方はこれからどうする?(^_^;)

iPhone miniシリーズの復活を心待ちにしたいですね!(^o^)v

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Appleが発表したiPhone14シリーズには、小型の「mini」が存在しませんでした~(^_^;)💦

今回ご紹介する記事は、なぜこうなってしまったのか、そしてminiを使っていたユーザーはこれからどうすれば良いのかを考えた記事となっています!(^▽^)o

miniと入れ替わりに「Plus」が追加

iPhoneのラインナップは、2020年のiPhone12から「6.1インチ」の通常モデルと「5.4インチ」のminiの2つに分かれていました。

5.4インチの画面は縦長であることから、4.7インチのiPhoneSEよりもさらに小ぶりな端末として、小型スマホの代名詞のような存在でした。

しかし、iPhone14シリーズでは新たに「6.7インチ」のiPhone14Plusが追加され、これまで「ProMax」だけだった大画面の体験を、より多くのユーザーに広げる方向に舵を切っているようです!(^▽^)o

これからminiがどうなってしまうのか、発表イベントの中では特に言及されることはありませんでした。

高価格帯の小型モデルはニッチな存在

米Consumer Intelligence Research Partnersによれば、2022年1〜3月に米国で売れたiPhoneのうち、iPhone13 miniのシェアはわずか3%だったと言われています…(^_^;)💦

特に、全体の38%を占めたiPhone13と比べればその不人気ぶりは明らかで、miniの代わりに大画面モデルを投入することで、売上をほぼ確実に高められる状況にあったといえると思います。

世界的なスマホトレンドは「コスパの良い大画面」に向かっており、高価格帯の小型モデルはニッチな存在だそうで、電車通勤での「片手利用」が多いとされた日本でも、最近では大容量バッテリーで駆動時間の長い大画面モデルが好まれる傾向にあるようです!(^▽^)o

貴重な生き残り「iPhone13mini」

個人的にiPhone12mini、iPhone13miniと使ってきた筆者としても悲しい状況であり、むしろminiサイズの「Pro」を作ってほしいと思っていたくらいですが、もはやそんな状況ではなくなりました~(^_^;)💦

iPhone14の発表後も、iPhone12の販売は続いているものの、iPhone12miniの販売は終わってしまいましたので、miniとして唯一残っているのはiPhone13miniのみです。

次点としては、画面は狭くなるもののサイズ感が似ている第3世代のiPhoneSEがあります!(^_^)o

iPhoneSE(第3世代)は5Gに対応し、プロセッサーはiPhone13世代と同じA15 Bionicで、まだ数年は使えそうです!(^▽^)o

グローバル市場ではあまり売れなかったようですが、miniシリーズの復活を願う声は多いようです!小さめの高機能iPhoneがお好みの方!miniシリーズを復活を心待ちにしながら、12miniや13miniを大切に使って行きましょうね!ヽ(^o^)ノ

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:ASCII.jp「iPhone「mini」ユーザーはどこへ向かうのか」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。