新しい「iPhoneSE(第4世代・仮)」はかなり変わるとの予測が出ています!(^o^)v

iPhoneXRがベースになると、かなりの部分が変更になりそうですね!(^_^)/

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Appleは3月に、新しい「iPhoneSE(第3世代)」を発売しました!このモデルはiPhone8のデザインを引き続き採用していましたが、次世代モデルでは変更されると著名リーカーのジョン・プロッサー氏がリークしています!(^o^)v

プロッサー氏によると、次世代iPhoneSE(第4世代・仮)はiPhoneXRと同じフォームファクターになるとのことで、iPhoneXRは2018年に発売されたモデルで、ホームボタンがなく、ノッチを搭載したデザインになっています。

現行のiPhoneSEが4.7インチの液晶ディスプレイを搭載しているのに対し、iPhoneXRは6.1インチの大型液晶ディスプレイを搭載しており、その他にもバッテリーが大幅に増加するなど、現行のiPhoneSEと比較してもいくつかの優位性を持っています。

新型iPhoneSEに関するその他の詳細は、現時点ではまだ不明です~(^_^;)💦過去、AppleはエントリーモデルのiPhoneSEに最新チップを搭載してきており、現行モデルはiPhone13と同じA15 Bionicチップを使用しています。ただし、iPhone14(仮)の一部のモデルがA15チップを維持するという噂もあるため、次期iPhoneSEも同じチップを搭載するかもしれません。

カメラについては、2022年のiPhoneSEもiPhoneXRも、開口部F1.8の12MPカメラ1つと、非常によく似たセンサーを搭載しています。とはいえ、Appleは次世代iPhoneSEでカメラセンサーを改良するか、ナイトモードなどを追加する可能性もあります。

iPhoneSEがTouch IDを廃止し、ノッチ採用デザインへと大きな変貌を遂げるのは、2016年の登場以来です!一方で、一部のファンはiPhoneSEが大きくなることを快く思っていないかもしれないとテック系メディア「9to5Mac」は指摘しています。

現在でも、現行のiPhoneSEは、iPhone miniを除く他のiPhoneモデルよりもずっと小さいものとなっています。iPhone14(仮)ではminiモデルが廃止されるという説が濃厚になっており、SEも大型化することで、小型のiPhoneが完全になくなってしまうかもしれません~💦

とはいえ、現行のiPhoneSEのデザインはかなり古いものであり、アップデートが必要なことは間違いありません。

この次世代iPhoneSEの登場時期は不明ですが、ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏は、大画面のiPhoneSEが2023年に登場すると予測していますので、今後が楽しみですね!!(^o^)v

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:APPBANK「次世代iPhone SEに訪れる「7年ぶり」激変」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。