iPhone14シリーズ(仮)には、Touch IDが搭載される可能性は低そうです~(^_^;)💦

ホームボタン搭載機種が少なくなっていく中、次はディスプレー内臓でFace IDが復活する事を多くの皆さんが待ち望んでいます!(^▽^)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

2022年も9月~10月に発表されると予想されているiPhone14シリーズ(仮)ですが、Touch IDが搭載されるかどうかが気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか!(^o^)v

Touch IDは、Appleの指紋認証システムのことで、2013年に発売されたiPhone5sで初採用され、2017年のiPhone8シリーズまでは全モデルが搭載しており、ディスプレイ下部のホームボタンに搭載されたTouch IDはiPhoneのビジュアル的なシンボルにもなっていました!(^o^)v

しかし、iPhone8と同時に発表されたiPhoneXではディスプレイが全画面化され、ホームボタンとともにTouch IDが廃止されて、代わりに顔認証システムであるFace IDが搭載されています。

これ以降、iPhoneSEシリーズを除き、iPhoneにTouch IDは搭載されていません。

Face IDは認識精度も高く、Touch IDと比べてセキュリティ面でも優れているのですが、認証時に画面(カメラ)を見なければならず、机上に置いたiPhoneのロックを解除するために画面をのぞき込んだり手に取ったりという手間があるのが難点のようです~💦

また、今でこそマスクを装着したままでもFace IDでの認証が可能となりましたが、花粉症時期の日本や新型コロナウイルス感染症でマスクが必須になってからは、Touch IDを求める声が大きくなっていました。

現在、Touch IDを搭載するといっても、iPhoneSEなどのように前面下部に搭載されるのではなく、最も可能性があるとすれば、AndroidではPixelやGalaxyシリーズなど、主要メーカーが既に採用しているディスプレイに内蔵する形での搭載です!(^_^)o

Appleはディスプレイ内蔵の光学式指紋センサーの特許を2020年に出願しており、Appleの情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏も2023年にはディスプレイ内蔵のTouch IDを採用するとの予想を行っていました。

ただし、現在では2023年と2024年のiPhoneにはディスプレイ内蔵Touch IDは搭載されないという主張に変わっています~(^_^;)💦

もう1つの可能性としては、iPad mini6と同じく電源キーにTouch IDを搭載する方式です!(^o^)

ディスプレイ内蔵の指紋センサーは「認識が遅い」「認識されない」といった声もまだ聞かれますが、電源キーに搭載するのであれば問題はなさそうですね。

結局のところ、現在では有力な情報はでていないため、iPhone14シリーズ(仮)にTouch IDが搭載される可能性は低く、Ming-Chi Kuo氏の予想通りであれば、早くても2025年のiPhone16シリーズ(仮)まで待つ必要がありそうです~(^_^;)💦

Touch IDファンの方も多くいらっしゃるので、ぜひ!このまま立ち消えで終わらない事を願い、長い目で待ちたいですね!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:ITmediaMobile「「iPhone 14(仮)」でTouch ID(指紋認証機能)は復活する? 2つの可能性」 

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。