盗まれたiPhoneの場所を特定して取り戻すことができた!と話題になっているそうです!(^o^)v

窃盗犯のところに、個人で取り返しに行くのはすごく危険です~(^_^;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

「探す」機能を使って、盗まれたiPhoneの現在位置を特定した上で警察に通報し、無事に取り戻したストーリーがTikTokに投稿され、コメント欄が盛り上がっているそうです!(^o^)v

盗まれたiPhoneの現在位置を特定する方法
話題のTikTok動画を投稿したのはカトリーナ・オードリーさん(@katrinaforeal)です!

彼女は動画において、どのようにして盗まれたiPhoneの現在位置を特定したかを、順を追って解説しています!(^_^)/

この方法自体は目新しいものではなく、要するにほかのiOSデバイスからApple IDでサインインし、「探す」ネットワークを利用するというものです!(^o^)v

以下の設定を、ほかのiOSデバイスで行います。

「設定」→「Face IDとパスコード」→「コントロールセンター」と「USBアクセサリ」のトグルをオフにする

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」を「オン」にする

「設定」→「Apple ID」→「探す」→「iPhoneを探す」で、「iPhoneを探す」「“探す”ネットワーク」「最後の位置情報を送信」の3つをすべてオンにする

実際に警察が動くケースは珍しい?

オードリーさんのTikTok動画のコメント欄が盛り上がり、記事執筆時点での視聴回数が180万回を超えているのは、彼女が「警察に通報し、無事iPhoneを取り返した」と語っているからです。

オードリーさんは犯人たちが移動する様子をマップ上で観察、夜になってイリノイ州ガーニーのとある住所で動かなくなったため、ガーニー警察に通報して、犯人たちがいると思われる住所を教えたそうです。

彼女のこの報告に対しTikTokユーザーからは、「警察に通報しても取り合ってもらえなかった」「盗まれたiPhoneの現在地を特定して警察に説明したが、紛失物として扱われた」などのコメントが寄せられ、警察が実際に動いたという話に「信じられない」という意見が大多数を占めているようです!(^o^)v

米連邦通信委員会(FCC)によると、スマートフォンを盗まれた人の68%は、取り返すことができていないとの事で、今回の出来事はかなりレアなケースのようです~💦

iPhoneの場所は特定できるのに取り返すことができないなんて…大切な情報が詰まっているデバイスなので、皆さま!取り返す前に盗まれないようにご注意くださいませ!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:iPhoneMania「盗まれたiPhoneの現在位置を特定、警察に通報して取り戻したという動画が話題に」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。