アップルはiPhone14(仮)向けの部品発注を拡大しているとの噂が報じられています!(^o^)v

Androidの売上が落ちる一方で、iPhoneは好調のようです!\(^o^)/

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

ここ数か月ほどは全世界的に原材料費や燃料費が上がったり、半導体不足はあいかわらず解消しなかったりで、スマートフォンの売上げも落ち込みないし減速していると見られています~(^_^;)💦

また今年の「iPhone14シリーズ(仮)」は、先代のiPhone13シリーズよりも値上げが予想され 、あまり売れないのではと危ぶむ声もあります~(T_T)💦

実際にAndroid端末の販売は失速している一方の中、アップルはiPhone14(仮)向けの部品発注を拡大しているとの噂が報じられています!(^_^)/

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesの調べによれば、アップルは9月のiPhone14シリーズ(仮)発売を前にして、サプライヤーへの部品発注を増やしたそうです!かたやAndroidブランドは販売不振が続いているとのサプライチェーン筋の声も伝えられています。

ここ最近アップルは、安定した売上を維持している唯一のスマートフォンメーカーであり、しかも前年同期と比べて売上増もめざましいとのことで、同社はもともと市場のニーズが減っていくと織り込んでiPhone14(仮)モデル用チップの発注を削ったものの、現行のiPhone13シリーズがとてもよく売れているため「今年後半の準備」、つまりiPhone14シリーズ(仮)の生産を強化するよう努めているそうです。

これは今月半ば、アップルがiPhone14シリーズ(仮)は、iPhone13シリーズよりも売れると予想しており、それに備えてサムスンも第3四半期に8000万台分もの画面パネルを出荷するとの報道と一致するものです。

いつもの年であれば、iPhoneの売上は9月の新モデル発売を前にして、7~8月にはブレーキがかかるものですが、iPhone13シリーズは今年7月に前年同期より約30%も増えており、なぜか勢いが落ちていないことが分かりました。

では、Android陣営はどうかといえば、その主力商品であるミドルレンジ(中価格帯)の製品が、この1年は需要が減っていて苦戦を強いられているそうです~(^_^)💦

その表れとして、Android端末のチップを供給するMediaTekは、取引先から30%も注文が減らされたと伝えられています。

すでにアップルはiPhone14シリーズ(仮)のテスト生産を始めており、9月の発表と発売に向けて、8月に量産を開始する予定だと見られています!(^o^)v

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:GetNaviweb「アップル、秋の「iPhone 14」売れまくりを予想? Androidブランドは大苦戦のさなか」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。