「iPhone14シリーズ(仮)」で消滅すると噂されている3つのものは!?(・_・?)

iPhoneがより良くなるための変更なら大歓迎ですが…(^_^;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

2022年9月に登場する見込みの「iPhone14シリーズ(仮)」では、史上初の48MPカメラ搭載など、様々な新機能が登場すると予測されています!(^o^)v

しかし、新たな機能やモデルが追加される裏側で、消滅するモノも存在します…「iPhone14シリーズ(仮)」では、前モデルと比べ、主に3つのモノが消滅すると噂されています。

【1】ノッチが消えてパンチホールに
「iPhone14シリーズ(仮)」のProモデルでは、2017年の「iPhoneX」以降搭載され続けたノッチが廃止され、代わりにパンチホールが搭載されるとの説が有力です!(^_^)o

ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏によると、Proモデルにはだ円形と円形の2つのパンチホールが搭載され、1つはFace ID用、もう1つがカメラ用となるとのことです!(^o^)v

ただし、これはProモデル限定で、通常モデルは引き続きノッチを搭載するとの事です。

Proモデルはこの変更により、ディスプレイの角の丸みや大きさにも若干の変更が加わるようです!(^▽^)o

【2】miniモデルが廃止

iPhone12シリーズで初登場した5.4インチのminiモデルですが、iPhone14シリーズ(仮)では、販売不振から廃止されると予測されています。

「MacRumors」によれば、14シリーズ(仮)では代わりに、6.7インチの画面を搭載した、Proモデルではない「iPhone14Max(仮)」が登場すると噂されています!(^▽^)o

これにより、iPhone14シリーズ(仮)は「iPhone14」「iPhone14Max」「iPhone14Pro」「iPhone14ProMax」という4種のラインナップになるようです。

【3】SIMスロットが消える
「MacRumors」によれば、「iPhone14シリーズ(仮)」では物理的なSIMスロットが消える可能性があるとのことです!(^_^)/

Appleは、2022年までにeSIMのみのスマートフォンの発売に備えるよう、米国の主要キャリアに助言しているとされており、iPhone14シリーズ(仮)の一部モデルが、SIMスロットなしの最初のモデルとなる可能性が示唆されています。

ただし、eSIM機能はすべての国で利用できるわけではないため、一部の地域で販売されるiPhoneは引き続きnano-SIMスロットを提供する必要があります。

日本向けモデルがどうなるかはまだ不明ですが、少なくともAppleが廃止の方向で動いていることは確かなようです(^_^)o

miniモデルについては、高性能且つ小さいサイズを好むユーザーの方から多くの落胆のコメントが出ているようですが、報道の多くでは廃止と報じられています~(^_^;)💦 できれば残して欲しいですよね!(^▽^)o

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:APPBANK「iPhone 14で「消滅するモノ」3つ」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。