部屋によって違うWi-FiのSSIDと電波の強度!それらを使いこなすコツをご紹介致します!(^o^)v

もっと速度が出るはずなのに~💦と思われる時にお試しになってみて頂けたらと思います!(^o^)v

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

戸建てにせよ、集合住宅にせよ、壁や床で隔たれた部屋ではWi-Fiの電波強度が変わってくるのは当然の事です!(^_^)/

たとえば、リビングでは「A」というWi-Fiアクセスポイント/SSIDが強いけれど、中継機を設置している階下では「B」が強く「A」は微弱という場合、少々面倒なことになります~(^_^;)💦

iPhoneのWi-Fi機能は、いちど接続したSSIDは「自動接続」に設定され、次回以降はiPhoneを電波が届く範囲に近づけるだけで接続を開始します!(^o^)v

しかし、電波の強弱を判断し、アクセスポイントを自動的に切り替える機能はiPhoneにないため、部屋を移動しても(移動前の部屋では高速だった)アクセスポイントに接続したままで、より電波の状態が良いSSIDが存在してもスルーしてしまうそうです~(^_^;)💦

このような事態を防ぐには、通信機器側の機能/設定を利用することがベストです!(^o^)/

手軽な方法としては、家中どこにいても同じSSIDで、しかも安定して電波が届くネットワーク環境を作り出す「メッシュWi-Fi」の導入が挙げられます。

尚、同じSSIDのWi-Fiアクセスポイントを複数設置して通信エリアを広げる「ローミング」は、接続を維持したまま自動的に強い電波に切り替わるわけではないので、ここでは除外します。

通信機器の入れ替えを行わず、iPhoneだけで部屋ごとに異なるSSID/電波強度の問題をクリアするには、接続する可能性のあるSSIDはすべて自動接続をオンにしておき、部屋を移動したときには(コントロールセンターの)Wi-Fiボタンを2回タップして、Wi-Fiの切断と再接続を行います!(^_^)o

この方法を使えば、その時点で自動接続可能なSSIDのうち、もっとも電波強度の強いものが選ばれiPhoneに接続されるそうです!\(^o^)/

自宅など複数のSSIDがある場所でデータ通信が遅いなぁ、もっと速度が出るはずなのになぁ、そういえば部屋を移動したなぁ...というときに、ぜひ!試してみられてはいかがでしょうか!?(^▽^)o

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:マイナビニュース「部屋によって違うWi-FiのSSIDと電波強度、うまく使いこなすコツは? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。