iOS16対象外のiPhoneもまだ当分使っても大丈夫そうです!\(^o^)/

iPhone7までの機種はiOSのサポート対象外だそうですが、しばらくはご使用には大きな影響はなさそうです!(^o^)v

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

日本時間2022年6月7日午前2時に実施された、アップルのWWDC(Worldwide Developers Conference:Appleの開発者向けイベント)で、iPhoneの新OSである「iOS16」が発表されました!(^▽^)o

このiOS16はiPhone8以降を対象にしており、iPhone7が対象外になることがわかっています~(^_^;)💦

今でも相当なユーザー数を誇るiPhone7がアップデート対象外になるという事は、相当数のユーザーの皆さまが今後についてご検討される事と思います!(^_^)o

iOSの対象外になったからと言ってすぐにiPhoneが使えなくなるわけではありませんが、使っていたアプリが対応できなくなるなど、段々と不便やとトラブルを感じる事が増えるのは致し方ない事です~(・_・;)💦

では、具体的にいつiPhone7が使えなくなるのでしょうか?また、円安の進行により、iPhoneの本体価格にも影響が出ることが予想されますが、どのような影響になるのでしょうか!?(^_^)o

1. iOSのサポート終了のタイミング
現在アップデートが行われているのは、iOS12~15の4バージョンです。

なお、iOS11は2018年7月9日のアップデートを最後にサポート終了しています。

現在アップデートされている各OSの最新バージョンと、更新日時

・iOS 12:12.5.5(2021/9/23)
・iOS 13:13.7(2020/9/1)
・iOS 14:14.8.1(2021/10/26)
・iOS 15:15.5(2022/5/16)
iOS12が動く機種というのは、具体的にiPhone5s、iPhone6、iPhone6Plus、iPad Air、iPad mini2、iPad mini3、iPod touch (第6世代) を対象としています。

まだまだiOS12自体のアップデートは行われている状況ですが、Apple以外の開発元が制作しているサードパーティーアプリの方がサポート終了を発表している状況なので、iOS12対応機種は「一応使えるが、アプリが限定されてしまう」というのが実際のところです。

今までの実績からすると、iPhone7がiOS16に対応しないといっても、iPhone7自体はまだまだ現役で使えそうだとの事です!\(^o^)/

各OSバージョンのアップデート状況を見ても、各種アプリが使えなくなるタイミングも、あと2~3年ぐらいは猶予があるとみて良いでしょう!との事です!iPhone7ユーザーの皆さま!まだ当分は大丈夫そうですね!(^o^)v

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:LIMO「iOS 16公開によってiPhone 7はいつ使えなくなるのか。円安による価格への影響も考察」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。