次期iPhoneと噂される14シリーズ(仮)!今回は見送りとのユーザー意見も多いようです~(+_+;)💦

一番のネックは円安による値上げですね~(^_^;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

9月に発売される見込みの「iPhone14」シリーズ(仮)!発表が近くなり、情報が過熱していく一方、今は「買い」ではないかも、というお話もでてきました~(^_^;)💦

◇ 【1】「iPhone14(仮)」は前モデルとほぼ変わりなし

大きく変わると噂されていた見た目もProモデルのみだったり、仕様変更が見送られたり、あまり変わりないんじゃない!?という意見が多いようです~(+_+;)💦

◇ 【2】「iPhone14(仮)」はLightningポートを引き続き搭載

「AppleがUSB-C搭載iPhoneを2023年に向けて準備している」という噂がありますので、そうなると次まで待って…、という方が増えてしまうのも当然かもしれません~(^_^;)💦

◇ 【3】円安による「iPhone14(仮)」の値上がり

「iPhone14(仮)」で最も警戒すべき問題は、円安による大きな値上がりです~!(+_+;)💦

円相場は一時1ドル=135円まで下落しており、年内に1ドル=140円台まで下落するという予測もあがっています。(日経新聞)

Appleも一部製品の値上げをすでに実行しており、新モデルの「MacBook Air」は前モデルの発売価格と比較し、6万円も値上げされています。

AppleはまだiPhoneシリーズの値上げを実行していませんが、「iPhone14(仮)」が円安を踏まえた価格になり、実質的に大きく値上げされる可能性は高いとみられていますので、内容に変化がない高いiPhone14(仮)を買うよりは…と考える方が多いのも致し方ないかも知れません~(+_+;)💦

◇ 今年注目の「iPhone14(仮)」の新モデルは?

ただ、「iPhone14(仮)」の通常モデルは「買い」ではない可能性が高いものの、他のモデルは十分に購入の価値がありそうと言われています。

テック系メディア「MacRumors」によれば、今回のシリーズでは、miniモデルが廃止される代わりに、6.7インチの「iPhone14Max(仮)」が登場するとの事で、このモデルはProモデル以外では初めての6.7インチサイズとなります。

またProモデルでは史上初の48MPカメラ搭載、ノッチ廃止で細ベゼル化、新チップ「A16 Bionic」搭載などが行われるとされており、値上がりしても購入する価値は十分にあると言われています!!(^_^)o

すごく楽しみではありますが、今後の発表をしっかりと見極めた上で、購入を検討する必要がありそうですね~(^_^)o

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:APPBANK「iPhone 14が「買い」ではない3つの理由」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。