iPhoneへのUSB-C端子搭載が義務化される可能性が、米国でも浮上しているそうです!(^_^)o

米国でもiPhoneのUSB-Cが義務化?どうなる?iPhoneの充電!?(・_・?)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

欧州に引き続き、米国でもiPhoneへのUSB-C端子搭載が義務化される可能性が浮上しているそうです!(^_^)o

EUではUSB-Cへの統一が義務化
このほど欧州連合(EU)が、EU加盟国で販売されるすべてのスマートフォンやタブレットに、充電端子としてUSB-C端子を設けることを義務付ける法案に合意しました。

AppleのiPhoneも2024年秋のモデルからはLightning端子ではなくUSB-C端子搭載が求められることになります。

米上院議員が充電端子の統一を要求
この流れに続くように、複数の上院議員が米商務省に対し、EU同様、スマホやタブレットなどの電子機器の充電端子を統一する施策を検討するよう、現地時間2022年6月16日に書面で訴えたことがわかりました!(^_^)o

エド・マーキー議員(民主党、マサチューセッツ州選出)、エリザベス・ウォーレン議員(民主党、マサチューセッツ州選出)、バーニー・サンダース議員(無所属、バーモント州選出)の3上院議員は商務省に対し、モバイル機器に共通の充電端子搭載を求める戦略を開発すべきと主張、現状のままでは電子ゴミの増加を放置することになると訴えています。

ただし、EUの法律と異なり、上院議員らは法務省に対し、充電端子をUSB-Cに統一することは求めていないようで、米メディアThe Vergeは、商務省が独自の規格を開発するという選択肢も、議員らの提案に含まれていると述べています。

AppleはすでにiPhoneへのUSB-C端子搭載の試験を始めていると言われていますが、iPhoneへの搭載は今年の新型iPhoneへは、間に合わなさそうですね~(^_^;)💦

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:iPhone Mania「iPhoneへのUSB-C端子搭載、米国でも義務化される可能性」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。