LightningコネクターからiPhoneの外部の開口部をなくして、完全ポートレスになるかもしれません!?(*・Д・)/

MagSafeを通じたデータのやり取りが可能になるかもしれません!(^o^)v

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

今年の次期フラグシップiPhone14シリーズ(仮)では、(採用から10年が経過した)Lightningコネクターが続投する一方で、ゆくゆくはiPhoneの外部の開口部をなくして完全ポートレスに移行すると予想されています!(^▽^)o

そうした中、アップルが独自規格のワイヤレス充電方式MagSafeを経由してデータを転送できる技術を検討している可能性が明らかとなりました!(#^▽^#)v

アップルが出願した「電子機器と通信するアクセサリ機器」なる特許(14日に米特許商標庁〔USPTO〕が公開)は、すごく手短にいうとMagSafeの仕組みを改善するアプローチがまとめられたものとなっているそうです!(^o^)/

その中で2つの問題点が検討されているそうです!

第1の問題は、熱を発生させる「ヒート・トラップ」を不用意に作ってしまうこと。

アップルは温度が上がるとプロセッサが「スロットルダウン」(破損を防ぐため、意図的に動作スピードを下げる)するよう設計されていると指摘していますが、これはアップル製品に限らず、Windows PCなど他社製品にも一般的に採用されている安全装置です。

そのために提示されているのが、iPhoneが(磁気により)MagSafe周辺機器が装着されているかどうかを認識できる技術だそうです!さらにいえばMagSafeでも充電器か、iPhoneケースかを区別し、それに応じて異なる温度で充電を止められる(過熱を防ぐ)という仕組みだそうです。

もう1つの問題が、MagSafeではデータ転送ができないということで「無線通信回路は、磁場ベクトルに基づく認証に続いて、携帯電子機器に情報を送信するように構成されてもよい」と述べられています。

すなわち、MagSafe周辺機器が近くにあると認識した上で、認証できればデータのやり取りを始める⇒つまり、この仕組みを使えば、MagSafeをYubiKeyのような物理セキュリティー鍵として使えるかもしれないという事だです!(^o^)v

もしもMagSafeを通じた、iPhoneやMac/Windows PCとのデータのやり取りが可能となれば、有線ケーブルは不要となり、iPhoneの完全ポートレス化に近づくはずですよね!(#^▽^#)v

しかし、サードパーティ企業にとっては、「Lightningに代わってMagSafeのライセンス料をアップルに支払い続ける」ことになるのかもしれない~💦事も指摘されています~(+_+;)💦

ワイヤレスで安全にiPhoneでのデータのやり取りができるなら、すごく快適になりそうですね!(^o^)v

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:PHILEWEB「iPhoneのMagSafe規格、いずれデータのやり取りも可能に?完全ポートレス化への布石か【Gadget Gate】」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。