Apple WatchとAIで心臓のポンプ機能低下を検知する研究が行われているそうです!(*^▽^*)!

世界全体の人口の2%〜3%、60歳以上の最大9%が、左心室機能障害を持つと言われているそうです~(^_^;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

米メイヨー・クリニックは現地時間5月2日、Apple Watchの心電図(ECG)記録機能と人工知能(AI)を利用して、患者の心臓ポンプ機能低下を検知する研究を行っていることを明らかにしました!(^o^)o

同クリニックの研究データは5月1日に開催されたHeart Rhythm Societyの学会で公開されています。

世界全体の人口の2%〜3%、60歳以上の最大9%が、左心室機能障害(心臓のポンプ機能低下)を持つとされ、息切れ、脚のむくみ、心拍数の増加などの症状が一般的ですが、無症状の人も数多くいらっしゃるそうです!(^_^;)💦

Apple Watchでは、デジタルクラウンに30秒間指をのせることでECGを測定することが可能で、多くの人々の心房細動の発見に貢献しています!(^o^)v

メイヨー・クリニックはこのApple WatchのECG測定機能を用い、心臓のポンプ機能低下を検知できないかと考えたそうです!\(^o^)/

一般に心臓のポンプ機能低下を検出するには、手、足、胸などに電極をつける12誘導心電図検査を行います。

メイヨー・クリニックはApple Watchのひとつの電極のみで得られたデータと、12誘導心電図検査に用いられているアルゴリズムの改良版(AIを活用)を使い、心臓のポンプ機能低下を検知しようとしているそうです!(*^▽^*)o

メイヨー・クリニックはこれまでの6カ月の研究期間中に、46州および11カ国から、125,610のECGデータを収集して、今後はさらに世界規模で研究を行うとしています!(^o^)丿

こういった研究でiPhoneやApple Watchを使う事によって、医療の大掛かりな装置が日常的に安心して簡単に使えるようになると良いですね!(*^▽^*)!

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:ITmediaMobile「iPhoneのバッテリー使用状況から、不要なアプリを確認する」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。