Appleの脱中国にはまだ時間がかかりそうな様子です~(^o^;)💦

中国の「豊富な労働力」によりiPhoeneの「低コスト」が維持され、現在の価格となっいるんですね!\(^o^)/

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

米アップルが中国国外での生産を拡大させたい意向を一部の電子機器受託製造サービス(EMS)企業に伝えたと、米ウォール・ストリート・ジャーナルが5月21日に報じました!(^o^)v

Apple製品は台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業などのEMS企業が製造を手がけており、その多くは中国に巨大な工場を構えており、それらの中国拠点がApple製品生産の中心地となっています!(^▽^)o

しかし、中国では「ゼロコロナ」政策によるロックダウン(都市封鎖)が長引き、Apple製品のサプライチェーン(供給網)に混乱が生じており、Appleは先の決算発表で、2022年4~6月期に最大80億ドル(約1兆200億円)の売り上げ機会を逃す可能性があるとの見通しを示していました。

Appleはかねてより、インドなどの中国以外での生産を進めており、例えば鴻海がインド南部チェンナイ近郊に持つ工場などです。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、アップルは20年初頭に製造の中国依存を低減するため、こうした計画を加速させ、生産の多様化を推し進めるはずでしたが、新型コロナウイルスの感染が拡大し計画が困難になってしまいました~💦

ただ、業界関係者はAppleが長年、中国での製造を維持してきたのには相応の理由があると指摘しており、「十分に訓練された豊富な労働力」「低コスト」「市場としての規模の大きさ」によると言われています!(^▽^)o

こうした中、Appleは中国に次ぐ製造拠点としてインドに注目しているそうで、インドには人口が多く低コストという理由があるそうです!\(^o^)/

ただ、ウォール・ストリート・ジャーナルは、インド政府と中国政府が冷え込んだ関係にあり、中国を拠点とするEMS企業がインドに工場を持つことが困難だと報じており、そのため、Appleと取引のある中国EMS企業は、ベトナムなどの東南アジアの国々にも注目しているとの事です!(^▽^)o

香港のカウンターポイント・リサーチによると、インドでは21年に世界のiPhoneの3.1%が製造されたそうで、この割合は22年に6~7%に伸びる見通しだと言われていますが、残りのほぼ全ては依然中国が占める状況だと報じられているので、脱中国にはまだ時間がかかりそうですね~(^o^;)💦

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:JDIR「アップル、iPhoneの製造で脱中国依存を模索」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。