iPhoneSE(第3世代)が既に減産?原因は??(・_・?)

iPhoneSE(第3世代)の減産の原因は半導体不足?需要不足?(・_・?)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

新型の「iPhoneSE(第3世代)」の減産を、日本経済新聞(電子版)が報じました~(^_^;)💦

iPhoneSE(第3世代)は、米アップルが2022年3月18日に発売したばかりの、iPhoneシリーズの廉価版モデルで「SE」史上初めて5G(第5代移動通信システム)通信に対応した機種です!(^_^)/

3月28日付の同紙は、減産理由のひとつに部品不足を挙げておりますので、昨秋発売のiPhone13シリーズや今年予定されている新機種の開発など、影響が出ないかが懸念されます~(^_^;)💦

また、3月28日の日経記事は、複数の「サプライヤー」の話として減産を報じており、アップルはiPhoneSE(第3世代)が予測よりも需要が弱いとみて、従来の計画から20%(200万~300万台分)の生産引き下げを関係者に通達したと報じています。

ただ、その背景には複数の要因があるとして、同記事は以下の点を挙げています。

ウクライナ侵攻による半導体不足の加速

経済制裁によるエネルギーや原材料の供給網の混乱

インフレによる生活コストの上昇が家電製品の需要に影響を及ぼしたことへの懸念

日経の英文メディア「NIKKEI Asia」の同日付記事によると、アップルはサプライヤーに対し「iPhone13」についても以前の計画よりも数百万台供給を少なくするように求めているそうなのですが、こちらの調整は、部品不足を理由したものではなく、「季節的な需要に基づいている」との事でした。

半導体の供給量に起因したiPhoneの減産は、以前にも報じられたことがあり、その後Appleは手を打ったようで「NIKKEI Asia」が21年11月2日付記事で、アップルがタブレット型PC「iPad」の生産を大幅に削減し、iPhone13の生産へより多くの部品を割り当てたと報じています。

この減産が響いた2022年第1四半期(21年10~12月期)のアップルの決算発表によると、iPadの売上高は、前年同期の84億3500万ドルから、72億4800万ドルに減り、約14%減となりましたが、iPhoneの売上高は好調で、前年同期の655億9700万ドルから、716億2800万ドルと約9.2%増となったそうです!(^o^)v

また、シンガポールの調査会社「Canalys」の2022年2月23日付(現地時間)発表によると、2021年のiPadの出荷台数は、前年から17%減少しているそうです。

今後、ロシア・ウクライナ情勢によって、半導体を含め部品不足が加速すると、影響がiPhoneSE3やiPadだけでなく、既存モデルのiPhone13シリーズや、22年秋での発表が見込まれるiPhone14シリーズ(仮)の生産にも波及しないかが気になるところですね~(^o^;)💦

今年の秋に発表予定のiPhoneに買い替えをご予定の方も多くいらっしゃると思いますので、影響が出ない事を願っています!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:JCASTトレンド「「iPhone SE3」もう減産報道 半導体不足ならiPhone「13」「14」心配」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。