パンチホールデザインはひとまずiPhone14Pro(仮)シリーズのみに搭載される!?(≧▽≦)?

パンチホールデザインのメリット、デメリットがあるようですが、皆さまはどのように思われますか?(v^ー°)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Android系のスマートフォンでは、いつしか当たり前の存在になった画面上部にカメラを収めたパンチホール!(^o^)v

画面表示がちょっと妨げられるそのデザインには賛否両論がありますが~💦 どうやらiPhoneにおいてこのパンチホールは、今年は「iPhone14Proシリーズ(仮)」限定にてデビューするとの情報です!(^o^)v

ところでiPhoneでは画面上部に、カメラと顔認証機能「FaceID」を搭載した台形の「ノッチ」が搭載されています。

ノッチの登場当時はSamusung(サムスン)など、他社からずいぶん揶揄されたそうなのですが、結局サムスンのタブレットでもノッチが採用されるようになったようです~(^_^;)💦

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によれば、iPhone14Proシリーズ(仮)では、上画像のように、前面カメラとFaceIDのスリットの両方がパンチホールとしてディスプレイ上部に配置されるとの予想です!(^o^)v

そして、2023年にはこのパンチホールのサイズが小さくなり、「iPhone15(仮)」の全モデルに採用されると報じられています!(#^▽^#)v

パンチホールを採用するメリットとしては、ノッチよりもそのサイズが小さいことから、画面表示の面積を大きくできることが挙げられます。

動画視聴やゲームなど、利用者にとってのメリットは大きいのですが、両方のデザインに対応しなければならないアプリの開発者さんの負担は増えることになるのかもしれない事が懸念されていますが、iPhoneの画面が大きくなるのは皆さん望まれている事のようですので、今後が楽しみですね!\(^o^)/

詳しくは、下記のリンクからご確認頂けたらと思います!ヾ(≧▽≦)ノ

出典:GIZMODO「今年パンチホールになるiPhoneってiPhone 14 Proだけ?」

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。