iPadで拡大表示すると証拠動画が捏造される?(^_^;)💦

アメリカで起こった殺人事件の裁判での出来事です~!!(゚Д゚;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

殺人事件の証拠として提出された動画について被告側の弁護士が、iPadで一部分を拡大表示すると、Appleの「人工知能(AI)」技術によって実際に起きていない事件が起きていたかのように見えてしまうと主張、それを裁判官も認めた為、話題となっています~!(;゚Д゚)💦

2020年8月25日、カイル・リトンハウス被告(当時17歳)はウィスコンシン州キノーシャにおいて、「Black Lives Matter」運動に参加していた人々に発砲し、2人を射殺、1人に重傷を負わせたとして、殺人罪を含む6件の罪で起訴されました~!(+o+)

そのリトンハウス被告の裁判において、スマートフォンで撮影された証拠動画が提出されましたが、この動画を検察側がiPadで拡大表示しようとしたところ、被告側の弁護人が「待った」をかけました。

iPadで拡大表示をすると、Appleの「人工知能(AI)」技術によって動画が捏造される可能性があるからというトンデモ論理を展開したのです!\(◎o◎)/

被告側の弁護人は「Appleが製造したiPadにはAIが搭載されており、3Dや対数を使って物事を表示することができる。iPadはAIおよび対数により、あたかもそのことが起こっているかのように見せかけることができる」と主張、iPadで動画を拡大表示すると「実際には起きていない殺人事件をあたかも起きていたかのように見せることが可能になる」という、衝撃的な主張をしました!(+_+)!

さらに驚くのは、裁判官がこの主張を認め、iPadで拡大しても動画が捏造されない事実を証明するよう、検察側に要求したことです!(゚Д゚;)💦

裁判官はわずか20分間で、Appleの技術者を証人として呼ぶよう要求しましたが、当然ながらこれは不可能なため、結局証拠動画は、Windows PCで再生されたものが、裁判所の壁にかけられた大型テレビに映し出されたようで、オリジナルの映像での拡大表示は使われなかったとのことです。

いくらAppleのAIの技術がすごくても、この弁護には無理があるように思うのですが、裁判官も認めてしまったのですね・・・(^▽^;)

しかし、それだけiPadの性能はすごい!という事が逆に言えるかもしれませんね!(^_-)-☆

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。