スティーブ・ジョブズ氏!初代iPhoneのプロトタイプを報道陣の前で放り投げていたそうです!(゚Д゚)ノ💦

デバイスは音を立てて床に落下しましたが、幸運にも無傷だったとのことです!(^▽^;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Appleの共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏といえば、黒のタートルネックにブルージーンズという姿がすぐに目に浮かぶという人が多いかと思いますが、あるジャーナリストの男性は、ジョブズ氏といえば “iPhoneの放り投げパフォーマンス”という印象しかないと当時を振り返っています!(*^▽^*)!

初代iPhoneが発売される数カ月前、2007年1月の衝撃的なデバイスの発表から少し後のことです。

ジョブズ氏がニューヨーク・マンハッタンのThe Wall Street Journal(ザ・ウォールストリートジャーナル)の本社オフィスを訪れ、数十人の報道陣の前でデバイスのお披露目を行ったといいます!(^o^)!

編集者とリポーターから様々な質問が浴びせられましたが、耐久性に関する問いが発せられたとき、ジョブズ氏は予想外の形で返答しました。

なんと!iPhoneの試作品(デバイス)を空中に放り投げたのです!(;゚Д゚)💦

デバイスは音を立てて床に落下しましたが、幸運にも(カーペット張りだったこともあり)無傷だったとのことです!(^_^;)💦

ジョブズ氏はその後、タッチスクリーンの使用感を体験してもらうため、他のテスト用デバイスをジャーナリストたちに配って回りましたが、人々は子どもようにデバイスに夢中になったといいます!(#^o^#)

初代iPhoneは、同年6月のデバイス発売時と同じく、報道陣たちの心をつかみ、やがて業界に革新をもたらしました。

中型の会議室で、Uシェイプのテーブルの前に座るジャーナリストたちの前で、巧妙に計算されたリスクを取り、あっと言わせる!!

これこそがジョブズ氏のAppleの経営手法であり、同氏の姿が今も目に焼き付いて離れない!とジャーナリストの男性は回顧録を締めくくっています(^_^)v

もし、その時放り投げたiPhoneの試作品(デバイス)が壊れていたとしても、その後の「iPhoneが大ヒット!!」するという未来(結果)を、ジョブス氏は既に確信していたのでしょうね!(*^▽^*)v

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。