危険な名前のWi-FiネットワークのバグがiOS14.7の最新ベータで修正されたようです!(*^o^*)!

iPhoneがWi-Fiに接続できなくなるバグが報告されていました…(+_+)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

iPhoneへの接続厳禁の危険な名前のWi-Fiネットワークが存在するとの報道があり、当店のブログでもご報告させて頂きましたが、iOS14.7ベータ5で問題のバグが修正されたようです!(*^▽^*)

無線ネットワーク名“%p%s%s%s%s%n”や“%secretclub%”への接続により、iPhoneがWi-Fiに接続できなくなるバグが報告されていましたが、iOS14.7ベータ5で修正が図られたようです!(^o^)/

最初に報告されたバグはリセットすることで不具合が解消されましたが、次に報告されたバグはリセットでも改善できなくなる恐ろしいものでした~(;゚Д゚)💦

YouTubeチャンネルZollotechは、実際に名前を“%p%s%s%s%s%n”に変更した無線ネットワークに接続し、デバイスが問題がなく動作するのを実演ています💦

米メディア9to5Macは、バグの原因を次のように説明しています。

『プログラミング言語では、変数を出力文字列にフォーマットするために、「%[英文字]」構文がよく使われます。

C言語では、「%n」という指定子は、フォーマット文字列に書き込まれた文字数を、文字列フォーマット関数に渡された変数に保存することを意味します。

Wi-Fiサブシステムは、おそらく文字列フォーマットを実行している何らかの内部ライブラリに、Wi-Fiネットワーク名(SSID)を無節操に渡しており、その結果、任意のメモリ書き込みやバッファオーバーフローが発生します。

これにより、メモリ破壊が発生し、iOSのウォッチドッグがプロセスを終了させるため、ユーザーは事実上、Wi-Fiを使用できなくなります。』

なんだか難しいことはよくわかりませんが~(^-^;💦 無事に対策がとられて、まずは一安心ですね!(#^▽^#)

iPhoneがWi-Fiにつなげなくなるバグが発見されたそうです~(゚Д゚;)💦

iPhoneのWi-Fiを無効化する有害なSSIDが新たに見つかったそうです~(;゚Д゚)💦

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。