Appleが『i』で始まる製品名をやめたのは理由があるようです!(#^.^#)

製品名に「i」がつくApple製品として最初に発売されたのは、1998年のiMacでした!(*^o^*)o

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Apple製品には、iPhone、iMac、iPodと製品名が「i」で始まるものが多かったのですが、最近のAppleは「i」で始まる名称の製品を発売していません。

その理由を海外メディアiDropNewsが考察しています!(^o^)/

製品名に「i」がつくApple製品として最初に発売されたのは、1998年のiMacでした!(^o^)v

「i」には、「インターネット」の意味があり、当時一般的には普及途上だったインターネットを簡単に使えるiMacの製品特徴をうまく表現したネーミングでした!(^_^)v

「i」には、インターネットのほか、「individual(個人の)」「inform(知らせる)」「inspire(奮い立たせる)」などの意味も込められているとされています!(*^o^*)

iMacに続き、AppleはiPod、iPhone、iPadを投入し、いずれも大成功を収めました!(*^▽^*)

ちなみに、iMacの名称についてスティーブ・ジョブズ氏は「MacMan」という案を気に入っており、その時クリエイティブ・ディレクターのケン・セガール氏が全力で止めたというエピソードもあります…(^▽^;)

しかし、Appleは「i」で始まる名称の新製品を久しく投入していません。

Appleが「i」で始まる製品名をやめたのは、訴訟リスクを避けるためとみられます。

Appleが腕時計型デバイスを開発していると噂されていた当時、その製品名は「iWatch」になると見込まれていましたが、実際にはAppleWatchとして発売されました。

「iWatch」は、Appleが商標登録する前にアメリカ、ヨーロッパ、中国の企業がすでに登録してしまっていました。

AppleはiPhoneの発表後、ネットワーク機器大手のCiscoから商標権侵害で訴訟を起こされ、AppleはCiscoに巨額の和解金を支払っており、その金額は5,000万ドル(現在のレートで約55億4,000万円)と推測されています…(;゚Д゚)

頭に「i」をつけた製品名は、Apple以外の企業が使用する可能性も高く、また、Appleによる製品やサービスであることを印象付けるためにも、Appleは製品名の頭に「Apple」をつけることを選んだようです(^_^) 

製品のネーミングって、簡単にみえて実はいろいろとすごく大変なようですね!(^_^;)💦

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。