Apple!学生向けコンテスト“Swift Student Challenge(スイフトスチューデントチャレンジ)”の応募受付を開始しました!(^_^)v

プログラミング用学習アプリ「Swift Playgrounds」を使ったコーディング技術を競うものです!(#^o^#)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Appleは、現地時間3月30日、毎年恒例の学生向けコンテスト「Swift Student Challenge」の応募受付を開始しました!\(^o^)/

このコンテストは、プログラミング用学習アプリ「Swift Playgrounds」を使ったコーディング技術を競うもので、入賞者には、2021年の世界開発者会議(WWDC2021)のオリジナルのジャケットとピンバッジ、Apple Developer Programの1年分のメンバーシップが贈られます!(*^o^*)

※コーディングとはプログラミング言語を使ってソースコードを作成することでプログラミング作業の一部のこと

参加する学生は、Swift Playgroundsで作ったコンテンツで、尚且つ操作して3分以内でその内容を体験できるインタラクティブなシーンを作る必要があり、創造力の発揮が求められます。

参加資格は13歳以上の学生であることです!(^_^)

応募期限は、米国太平洋夏時間の2021年4月18日午後11時59分までで、参加者は2021年6月1日の夕方までに、応募時に使用したApple IDでApple DeveloperのWebサイトにサインインすることで、各自のステータスを確認することができるそうです!(#^.^#)

ちなみに、昨年は、特に革新的でクリエイティブな作品を手がけた350人の入賞者が41の国と地域から選ばれましたが、日本からは杉山丈太郎さんが日本のお正月ならではの伝統的な遊びである「福笑い」が楽しめるゲームを開発して応募し、見事に選出されました!\(^o^)/

杉山さん曰く「SSCへの応募要項に“3分以内に体験できる、英語化されたコンテンツであること”という条件がありました。アップルはグローバルな企業なので、コンテンツの審査員も大半が海外の方々であることを意識して、日本の伝統的な遊びが新鮮なものとして映るのではないかと考え、シンプルに楽しめる福笑いを選びました!」との事でした。

学生の皆さん、春休みを利用して「創造力」を活かして、チャレンジしてみられてはいかがでしょうか!(^_-)-☆

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。