Apple!iPhoneのバッテリーが膨張した場合に検知する特許を取得です!(*^o^*)

駆動時間の延長と安全性の向上が両立されると期待されます!(#^▽^#)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Appleは現地時間2021年3月11日、米国特許商標庁(USPTO)にて、iPhoneなどのデバイスに搭載されたバッテリーが膨張した場合に検知する機構や、金属筐体(きんぞくきょうたい)を採用したより大きなバッテリーを搭載する特許を取得しました!(^o^)

AppleInsider(アップルインサイダー)によれば、リチウムイオンバッテリーの筐体(きょうたい)を小さくしすぎると、バッテリーの膨張と破壊を招く危険があるとのことです~(^o^;)💦

したがって、バッテリーの小型化を実現するには、バッテリーの膨張にも気を配る必要があるようで、それらを解消し得る特許を、AppleがUSPTOにて取得したようです!(#^_^#)

Appleが取得した1つ目の特許では、既存のバッテリーから、金属筐体を持つバッテリーにすることで、他の部品がバッテリーに接触しても破損する可能性が低くなると説明されています。

他の部品と近接させて配置することが可能になれば、バッテリーのサイズをぎりぎりまで拡大できるため、バッテリー容量増加につながるようです。

2つ目の特許には、バッテリーが膨張した場合に検知するアイデアが記されています。

その方法は、バッテリー筐体とデバイスの本体フレームとの間にコンデンサーを配置し、両者の距離が縮まった場合の静電容量の変化をモニターすることで、膨張を検知しようとするものです。

それ以外にも、接触や圧力を検出するセンサーを用いるなどし、バッテリー膨張の検知に役立てようとする内容が記述されています。

当店へご来店のお客さまの中には、バッテリーがかなり膨張した状態で、持ってこられる方もいらっしゃいますが、バッテリーの膨張は、iPhoneの故障原因だけではなく、発火の危険にもつながりますので…(*_*)💦

この技術は出来るだけ早く、iPhoneに取り入れて欲しいですね!(*^o^*)/

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。