ハッカーがAppleサポートのフリをしてお金を騙し取った~!??(xox;)💦

ハッカーが何らかの方法で電話を傍受(ぼうじゅ)したとの事です…(・_・;)💦

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

米ペンシルバニア州在住のiPhoneユーザーがAppleサポートに電話をかけたところ、その電話が何者かに傍受(ぼうじゅ)され、サポート担当のふりをした人物に遠隔操作でアプリをインストールされたうえに、銀行口座からお金を騙し取られたと訴えています…(xox;)💦

ペンシルバニア州在住のドナ・フランシスさんに「Xfinity Appleサポート」から電話がかかってきました。(コーラーIDにその名前が表示されたそうです)

電話を取りそこねたフランシスさんがXfinityに電話をかけると、XfinityにはAppleユーザー向けのサポート部門が存在しないので、Appleに電話をかけるようアドバイスされたそうです。

そこでフランシスさんは、AppleのWebサイトに掲載されていた電話番号(購入したiPhoneのパッケージに記載されていたものと同じ)に電話をかけたそうです。

電話に出た女性は彼女の基本情報を尋ねると、男性担当者へと転送しました。

Appleのサポート担当と名乗る男性はフランシスさんを言葉巧みに誘導し、アプリをiPhoneにインストールさせると、彼女がiPhone画面を見つめている間に彼女の銀行口座から自分の口座へと1,498ドル(彼女の口座に入っていた全額、約15万円)を瞬く間に転送、完了すると電話を切ってしまったそうです…(゚Д゚;)💦

フランシスさんは自分がかけたのは正規のAppleサポートの番号であったと主張、ハッカーが何らかの方法で電話を傍受したと主張しています。

フランシスさんは銀行、地元警察、そして連邦捜査局(FBI)にも通報しました。

Pittsburgh Action News(ピッツバーグ アクション ニュース)がFBIに取材したところ、フランシスさんのかけた番号はたしかにAppleサポートの番号であったとのことです…(^_^;)💦

FBIの広報担当者は「(電話の傍受は)技術的には可能なのだと思う。ただし、この地域においても全米各地でも、同様の事件が多発しているという報告は受けていない」とコメントしています。

電話の傍受は自分では防ぎようがないですが、Appleの担当者が電話のやりとりでアプリをその場でインストールさせることはないと思います。

iPhoneユーザーのみなさん!このような詐欺には十分ご注意くださいね…(^o^;)💦

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。