Appleは次期iPhoneの秘密を守ります!!( `―´)ノ

New Product Security(NPS)と呼ばれるチームを編成しています!(^-^)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

Appleは、次期iPhoneをはじめ、未発表の製品情報が流出しないよう神経をとがらせていることで知られています。

Appleが情報流出対策を強化したきっかけは、2013年にiPhone5cの筐体が数千台分も中国の工場から盗み出された事件からだそうです~(*_*)💦

2013年、Appleの主要サプライヤーJabil(ジェイビル)の従業員が、数千台ものiPhone5cの筐体を中国の工場から盗み出す事件がありました…(xox;)💧

Appleがその年の9月のイベントに向けて内密に準備していた、iPhone5cのカラフルな外観デザインは、公式発表前にインターネットに流出し、多くの人に知られてしまいました~(*_*)💦

 この情報流出は、当時のAppleサプライチェーン関係の情報流出では史上最悪の事件となりました。

Appleはその後、中国のサプライチェーンからの未発表製品の情報流出を防ぐべく、New Product Security(NPS)と呼ばれるチームを編成しました!

チームには、軍隊や諜報機関の出身者も採用されたそうです!(゚Д゚;)

NPSは、サプライヤーに全部品の在庫情報の報告、工場への監視カメラや金属探知器の設置、工場の現地査察などの対策を求める詳細なガイドラインを定めました。

工場への査察では、地下トンネルを掘って未発表製品を盗み出そうとした事件を未然に防ぐなどの成果も挙げたそうです(^-^)

Appleは、製品の物理的持ち出しだけでなく、ネットワーク経由でのデータ流出にも神経をとがらせました。

CADデータを扱うコンピュータを外部のネットワークに接続せずに使うよう求めているほか、従業員によるスクリーンショット対策としてCAD図面には透かしが入れられています。

さらに、Dropbox(ドロップボックス)やGoogle Enterprise(グーグルタンタープライズ)の使用や、Appleとの連絡に外部のメールサービスを使うことも禁止しているそうです。

その徹底ぶりにより、近年では未発表製品の情報流出は減少し、Appleは昨年、NPSチームを縮小したようです。

 次期iPhoneについての「うわさ」は絶えませんが、大事な秘密は徹底して守られているんですね!(*^o^*)

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。