iPhoneが異常に熱い!!💦その原因と対処法をお知らせします!(*^_^*)

iPhoneに熱は厳禁!💦正しく使って長持ちさせましょう!!(*^_^*)

得報!!ガラス液晶バッテリーの主要修理価格を大幅値下げ!!(^o^)!
ぜひ!近隣の他店さまとお比べ下さいませ!!(^o^)v

最近、夏の暑さもあってか、バッテリーの膨張の修理にお越しになるお客さまが増えています~(^o^;)💦

iPhoneに熱は厳禁!💦暑いところに放置したり、熱を持たせるような使い方をするとバッテリーの劣化が進行しますので、お気を付け下さいませ!(#^o^#)

さて、今回はiPhoneが発熱する仕組みや対処法についてお話させて頂きます!!(^▽^)o

まず、iPhoneが発熱する原因には、「内部」「バッテリー」「外部」の大きく分けて3つの理由があります。

●内部からの発熱

処理の重いアプリを使ったり、複数のアプリを起動している時など、CPUの稼働によるものが、内部からの発熱です。

●バッテリーの発熱

充電中に化学反応により発熱します。

●外部からの発熱

“直射日光を金属部分に受けた場合” “ポケットの中にいれている” “室温の高い部屋で利用している”などのケースで、iPhoneの内部からの熱をうまく放熱できない時です。

これら大きな3つの要因のうち、1つの要因のみならば、異常といえるほどの発熱が起きる可能性は低いです。

ただし、複数の発熱要因が同時に発生することで、異常に発熱する場合があります💦

例えば、「直射日光にあたる場所で充電」「充電中に処理の重いアプリ、複数のアプリを操作」「室温の高い部屋でCPUに負荷がかかるアプリを操作」などです。

発熱したiPhoneを冷却する正しい方法

うちわや扇風機、冷房から発生する涼しい風をあてるのは、効果的な冷却方法です。
これらの方法では水気による水濡れの心配もないため、問題なく冷却できます。
なお、風を当てるのはiPhoneの背面からが効果的です!

②iPhoneをケースやカバーで覆っている場合は、発熱したiPhoneが放熱するのを妨害している場合があるため、ケースやカバーをはずすのが効果的です。

熱を持ったiPhoneを、熱伝導率の高い金属の上におくと、熱が分散され、より早く冷やすことができます。
熱伝導率の高い金属としては、金や銀、銅、アルミニウムなどになります。
銅箔を利用して熱を逃がす「ヒートシンク」グッズを使うのが有効です。

但し、間違っても冷蔵庫に入れたり、保冷剤をあてて急激に冷やすなどはしないようにしてください!iPhoneが壊れてしまいます!(^o^;)💦

また、iPhoneは非常に繊細ですので、少しずつ冷やすことを心掛けて下さい!(#^o^#)

発熱がおさまらない場合は、バッテリーの劣化が疑われますので、お早めに当店へご相談にお越し下さい!(^▽^)o

倉敷駅前でアクセス最高!、駅前でありながら指定駐車場を完備!また、iPhoneの事で何かお困りの事がございましたら、何なりとお気軽に倉敷でiPhone修理と言えば!クイックフィックス倉敷駅前店へご相談下さいませ!(^▽^)o

スタッフ一同 心よりご来店をお待ち申し上げております!!\(^o^)/

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。