祝ブログ200回突破!iPhone豆知識 “第2弾”~バッテリー交換修理編(3)~

今回はiPhoneのバッテリーや充電のトラブルについてご紹介致します!

iPhoneが充電できない!?原因は?(+o+)

●Lightningコネクタケーブルが壊れている
X以降はワイヤレスでも充電ができるようになりましたが、まだまだ多くの方がケーブルをご利用されています(^o^)
気が付かない間にケーブルも劣化していきますので、気を付けて下さい。

また、充電しながら利用している場合、ケーブルのコネクタに負荷がかかってしまい、断線してしまう事もよくありますので気を付けて下さいね💦(^_^;)

●Lightningコネクタケーブルの不具合
アップルの純正品ではなく、粗悪なケーブルを使っていると、最初は使えていてもiPhoneのアップデートに伴って使えなくなる場合もあるので注意が必要です(^_^;)

ケーブルを変えれば済むだけの話なら良いのですが、粗悪品のケーブルを使っていて、本体が故障してしまう事もあるようなので、できるだけ純正品をお使いする事をオススメします!(^_^)/

また、充電とは別の話となりますが、パソコンとつないでiTunesでアップデートを行う時に純正ではないケーブルを使って失敗する事がよくあるようで、そのままリンゴループになってしまって本体交換になってしまった…というお話もよく聞きますので、問題のないケーブルを使って下さいね!(^O^)

●充電差し込み口が壊れている
ドックコネクタと呼ばれる充電ケーブルの差し込み口が壊れている、または汚れたり、埃が溜まっていて充電できない場合があります。

それ以外には、本体内部の故障やシステムのトラブルの場合もあります。

いずれの場合も、当店にて診断いたしますので、お気軽にお持ち下さい!(^o^)

シガーソケットでの充電に要注意!(+o+)

よくiPhoneを使われる方なら、車でも充電したい、と思うのは当然ですよね(^_^)v

最近の車には充電ができるUSBポートが装備されているものがありますが、そこからの充電の場合、電流(アンペア)が低く、充電にかなり時間がかかるようです。

その為、車ではシガーソケットを使用するのが通常だそうです。


ただ、シガーソケットでの充電は電流が安定せず、瞬間的に強い電気が流れることがある為、iPhone本体や充電ケーブルを故障させてしまう原因になる場合があり、急に電源が入らなくなってしまった、というお話をたまに聞きます💦

また、それと同じで、例えばiPad用のACアダプターなど電流(アンペア)の違う(大きい)ACアダプターを使って充電して、一気に電流が流れ込んで故障してしまう、という事があります。

軽微な故障の場合は、バッテリー交換修理等で直りますが、最悪の場合、基盤修理や本体交換になる場合がありますので、ACアダプターを購入、使用される際には、必ず電流(アンペア)を確認して下さいね!(^▽^)o

ほとんどの方が毎日充電を行っていると思いますが、日々の取扱いに気を付けて、充電トラブルを防ぎましょう!(^o^)丿
もし、充電関係のトラブルが起こったら、まずは当店へお気軽にご相談下さい!(^o^)

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。