お風呂で水没…(>д<) iPhoneの防水性能にご注意下さい!

iPhone(アイフォン)8水没復旧修理!

お客さまの見事な応急処置で水没から復旧!(*^ワ^*)

お風呂にiPhoneを持って入り、音楽を聞いていた時に誤ってシャワーをかけてしまい、タッチ操作がきかなくなってしまったとの事です。。。(^_^;)

お客さまは以前にも別のスマホで水没の経験があったとの事で、すぐに電源を切ってSIMを抜き、乾燥剤と一緒に袋に入れて一晩乾燥させたそうですw(*゚o゚*)w

修理を開始し、iPhoneを開けると下の方にまだ水滴が残っていましたが、上部は無事な様子でした。
ロジックボードなど全ての部品を取り外して、時間をかけて乾燥させて清掃し、液晶の交換を行ったところ、特に不具合はみられず復旧しました!(^_^)/
お客様の素早い行動が功を奏したのだと思います!(^口^)

但し、水没の状況や液体の性質によっては “乾燥させない方が良い場合” があります。
ですので、今回のお客様のように、とにかくすぐに電源を切ってSIMを抜き、できるだけ早く当店にお持ち頂けたらと思います!(^_^)/

また、iPhoneの”防水”を過信しないようアドバイスさせて頂きました。
ざっくりと、最近発売されたiPhoneは防水だと思われている方が多いようですが、実際はAppleでも『防水』ではなく『耐水』と表現されており、水中での使用は推奨していません。

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR の防水性能の等級はIP67”となっており『最大水深1メートルで最大30分間(一時的な水没)』の防水性能があるとされています。
この内容だとお風呂でも使えそう、と思ってしまいますが、最大という言葉が使われているという事は…それ以下で壊れてしまう事もあるという事です(>_<)

また、防水の為につけられている機能はずっと維持されるものではなく、“通常の使用によって耐性が低下する”可能性がありますし、お風呂で使用する場合は“湿度”がiPhoneの故障原因となる場合もありますので、お風呂での利用は、十分注意された方がいいと思います。

2018年9月に発表されたiPhone XS、iPhone XS Maxは、最高規格のIP68”で、「塵埃は侵入しない」「潜水時(継続的な水没)に対して保護する 」とされているようですが、Appleの見解では『最大水深2メートルで最大30分間(一時的な水没)』との事で、依然推奨されてはいないようです。
防水性能が上がってきている事に間違いはないのですが、お風呂や水中などで安心して“がっつり使える”にはまだ時間がかかりそうです💦

水没はiPhone内のあらゆる箇所に影響するので、他の故障より継続的に使用できる可能性が低くなります。また、復旧した後も完全復活とならず、不安定な状態が続く事が多くあります。
また、正規店で修理した場合は、保険に加入していても保証が使えませんし、ものすごく高い金額になると聞いています。。。
現在では、まずは『水没させない』事を心がけて頂けたらと思いま~す!(^_^)/お風呂で水没…(>д<) iPhoneの防水性能にご注意下さい!ご来店ありがとうございました!

クイックフィックス
倉敷駅前店アクセス

倉敷駅南口から徒歩3分!
営業時間:11:00~21:00 不定休 
岡山県倉敷市阿知3丁目3-11

(初心者にやさしいパソコンスクール倉敷駅前校内併設店)

086-436-8880

当店へお車でお越しの方はこちらをクリック!当店 指定駐車場をご案内します!

指定駐車場をご利用の方は、駐車料金を最大60分(200円)無料割引させて頂きます。